活動記録
外道だけどでっかい魚がつれました!の巻  2007 12月18日


ぶっこみ釣りで座布団ヒラメを狙おう!
そう、いつものように突然の思いつきで釣り支度を始める私。

データを集め、釣具を揃え、思い付きから一週間後の12月18日、山口県は
大畠へ車を走らせる。根掛かり多発ポイント新鳴門港だ。

午前五時着。辺りは真っ暗だ。
太刀魚に追われサヨリやイワシがさざ波を立てている。
ボイル超炸裂状態。ルアータックル持ってくればよかった・・・・。

暗闇の中、フト私は気づく。
10分前に立ち寄った某コンビニのトイレの中に携帯電話を忘れてしまったことを・・・。
しまった・・・、快弁に昇天したのか寝ぼけていたのか・・・。

携帯電話を取りにコンビニに戻ったら辛抱強くトイレットペーパーの上で携帯電話は私を待っていてくれた。こんな不衛生なところに待たせてごめんよマイ携帯・・・

気を取り直して港に戻り海水を汲もうと水汲みバケツを漆くいの海の中へ投げ入れるとロープの金具がはずれ帰らぬバケツとなってしまった。

携帯と言い、バケツと言い、朝っぱらからついてないぜ(T_T)


釣具店までバケツを買いに行く。朝まづめは完全に逃してしまった。
頑張って早起きした努力は無駄に終わってしまった。

エサとなるアジを釣り、ぶっこみ釣り開始。
一匹釣れるかどうかの釣りなので気長に待つ。

あまりにも暇だったが偶然友人がやってきたので彼らのカレイ釣りを眺めながらの釣りになりいい暇つぶしができた。



朝7時から釣り始め現在午後3時。
アタリらしいアタリは全く無かったがその瞬間は突然やってきた。
さお尻が浮き上がるほどの大当たり!!

緩めていたドラグから糸がものすごい勢いで出ていく!!



こんな大当たりは初めてだったが私は冷静に対処した。

友人たちに見守られながらファイト開始だ。
スズキなどとは比較にならないほどの強烈な引き。ドラグを締めても滑りでていくライン。

私は冷静でありながら非常に興奮していた。

友人がタモですくってくれた魚は87センチ、7キロのブリだった。
本命ではなかったがこのような大物は初めてだったので問題なく大満足だ。


  


しかし、やはり60オーバーのヒラメを釣りたいので
近いうちにリベンジしたい。 














Copyright(c)  GO!アウトドア All Rights Reserved